個人経営のメガネ専門店を利用するメリット

メガネ屋で個人経営店とチェーン店の違い

メガネの買い方ほど個人差の出るものも少ないでしょう。デザイン性を重視し、少し度が違って来たらすぐ次のメガネを購入していく人もいる中、一度買ったら一生使うぞとばかりに、慎重に選んで高い物を選ぶ人もいます。どちらかと言えばチェーン店で安いメーカーものを買う人が、頻繁に買うイメージでしょうか。そして慎重に選ぶ人は今でも、個人経営のメガネ店を行きつけにしている場合が多いようです。

商店街に昔からある、そんなに客の入っていないメガネ店を見たことがないでしょうか。常に繁盛しているのではなく、常連さんがここぞというときに利用するお店です。客との交流を大事にしていて、数年に一回の買い換えに必ず来てもらえるお店になっています。季節の挨拶をしたり、年賀状を送ったりの昔ながらのコミュニケーションを大事にしている店は、客からも大事に思われています。

個人経営店ならではのサービス

個人経営のメガネ店は、常連客を大切にしています。視力検査は当然のことながら、顔の形に合うフレーム、鼻当てなど、客の好みを聞いてできるだけ実現させようと対応してくれます。専用のメガネ工場と伝手がある事が多く、オーダーメードを受けているところも多いようです。2、3年使えればいいやというつもりで既製品を買うよりも、10年使うつもりで自分の顔に合ったフレームとレンズを買いたい、という人は、こういった個人店でメガネを作る方が良いでしょう。

オーダーメードで作るメガネは非常に高いものになりますが、長く使うほどコストパフォーマンスは高くなります。また、レンズだけ傷付いてしまったりした場合も、当然対応してもらえます。子供が成長期で数年おきに度が変わってしまう場合も、フレームに合わせたレンズを少しずつ変えて行くことで対応してもらえます。客に寄り添った対応ができるのが個人店の利点と言えるでしょう。